「似合う」おしゃれ眼鏡の選び方のポイントって?

Published by:

「輪郭」と「フォルム」

眼鏡を選ぶうえで気を付けたいのがまずその「フォルム」。

一般的には「丸めのフォルム」の眼鏡は柔らかい印象を、「角ばったフォルム」の眼鏡は引き締まったオトナな印象を与えますが、ここで重要なのが、この「フォルム」と「眼鏡をかける方の輪郭」とのフィット感です。

「眼鏡」によって「イメチェン」や「おしゃれに変化を持たせたい」という方は「自分の輪郭と同じような特徴を持つ眼鏡を選ぶことは避ける」ということを心掛けましょう。「ややほっそりした顔つきの方が角ばったフォルム」「丸顔の方が丸めのフォルム」の眼鏡をかけてしまうと、それぞれのもつ「短所」が強化されてしまい、それぞれ「厳しめな印象」「太っている印象」を持たれてしまいがちです。変化をもたせるため、また、メリハリをつけるためにも、「フォルム」そのものと「自分の輪郭」のフィット感について考えて眼鏡を選びましょう。

「カラーリング」と「フォルム」

眼鏡選びのポイントとして次に重要なのが「カラーリング」です。

勿論自分の好きなカラーを選ぶのが一番ですが、先述した「フォルム」と「カラー」の兼ね合いも眼鏡選びには非常に重要です。例えば、シャープな印象のフォルムの眼鏡を選ぶ際に、あまり収縮色と呼ばれる「寒色系」のカラーを選んでしまうとややキツめの仕上がりとなってしまいがちです。それを中和しつつ、眼鏡そのものの「知的さ」をアピールするために必要なのは、フォルムがまわりに与える印象とは「逆」の印象を与えるカラーを合わせることです。シャープなフォルムには暖色、丸めのフォルムには寒色を合わせるといいでしょう。自分の好みのカラーと合わせて、そうした特性についても考えて、楽しく眼鏡を選びましょう。

気に入ったメガネがある実店舗は自宅や職場から行きにくいという人は、視力検査を済ませた後にメガネの通販を利用することをおすすめします。