絶対に必要なお手入れ!機械式時計のオーバーホール

Published by:

機械式時計にオーバーホールが必要なわけ

その高級感から広く愛好されている機械式時計ですが、一方で非常に繊細でお手入れを欠かすことはできません。そのような機械式時計に絶対欠かすことができない主要なお手入れが、『オーバーホール』と呼ばれる全点検です。

「ちゃんと動いているなら、別に点検する必要は無い」と、オーバーホールを行わない人も少なからずいますが、機械式時計を末永く使いたいと考えるのであれば、オーバーホールは絶対に行わなければなりません。オーバーホールには、各部品の磨耗などを点検するという役割以外に、それらの部品を駆動させる上で重要な潤滑油をさすという役目もあります。潤滑油が切れれば機械式時計は程なく故障してしまいますので、やはり定期的にオーバーホールを行うことは重要であるということになります。

オーバーホールを行う頻度とかかる金額はどのくらい?

オーバーホールも頻繁に出してしまうと、その分内部部品の劣化が早まってしまうので、あまり適当ではありません。「過ぎたるは及ばざるが如し」で、ちょうど良い頻度で出すことが重要です。

初めてオーバーホールに出す場合、購入してからおよそ3~4年で出すのが適当だとされています。2度目以降は期間が短くなり、2~3年おきにオーバーホールに出すように心がけましょう。

また、オーバーホールにかかる金額は、機械式時計の種類によりまちまちです。簡単な構造のものであれば2万円前後で済んでしまうこともありますが、クロノグラフのような複雑な構造で多くの部品を持つ機械式時計の場合は、4~5万円ほどの料金がかかるのが一般的です。

パテックフィリップはジュネーヴの高級時計メーカーであり、世界三大高級時計メーカーの一つとして数えられています。ジュネーヴ最後のマニュファクチュール(自社一貫製造しているブランド)と言われています。