熱い夏を賢く乗り切ろう!壁面緑化によって得られる効果

Published by:

温度の上昇を抑える効果があります

日本の夏は湿気があり気温も高いので、とても蒸し暑く過ごすのが辛い日がとても多いです。そのため企業や学校などでも暑い夏を快適に生活できる工夫の一環として、壁面緑化を取り入れている所が多いです。植物によって作られた陰により得られる効果として、直射日光を遮ることで温度の上昇を抑えることができますよ。またグリーンのカーテンによって部屋だけでなく、壁の温度上昇を抑える事ができるので建物自体の温度上昇も抑えられます。

省エネ対策として効果があります

夏は気温が高く湿度も高いので、熱中症などに注意する必要があります。そのため昼間は室内であっても温度の気をつけて、エアコンや扇風機などの冷房機器を上手に利用することがポイントですよね。壁面緑化は部屋や建物自体の温度上昇を抑えることができるので、部屋を冷やすための温度差を抑える効果が得られます。そのため結果として省エネ効果が期待できますよ。また壁面緑化に使われる植物は夏の暑い季節にも強く、水を定期的に与える事で元気に育ってくれるので効果的に影を作ることができます。

植物による癒し効果があります

壁面緑化は暑い夏を少しでも涼しく過ごすための工夫として、多くの企業や学校のほか一般家庭でも取り入れられています。方法として植物を育てますが、効果としては室内や建物の温度上昇を抑える効果が得られます。それと同時に植物が身近にあることで、知らぬ間に心のリラックス効果がありますよ。植物は自然と心を癒してくれるので、外の壁面緑化を見るたびに自分では気がつかないうちにおだやかな気持ちを生み出してくれます。

壁面緑化は日光を遮る事が出来るので、真夏に掛かってしまう冷房費を無理のない範囲で節約につなげられるでしょう。