時間が分かって…おしゃれができて…そんな時計が欲しい !

Published by:

時計には歴史と変遷がある

遥か大昔、古代人は世界で初めての日時計という時計を作りました。それは六千年も前の出来事です。古代の人々も現代人と同じように仕事を持っていました。朝昼晩というような生活のリズムも同じだったと思います。時間までに済ませなければいけない用事だってあったかもしれません。現代人と同じように常に忙しく時間に追われていたのかもしれませんね。その後もっと正確な時間を計る為に砂時計や水時計などが作られました。現在で使われている時計はデジタルのクォーツ式が主流になっていて、その精度はとても高くなっているんです。

古代の時計と現代の時計

時計は文明が開花してから作られたもので、その歴史がどれほど長いかということを実感してもらえたと思います。普段当たり前に使っている時計ですけど、こんなに古い歴史があるなんて驚きですよね。古代で使われていた時計と現在の時計では精度が全く違います。古代文明には機械式だのクオーツ式だの、まだそんな時計は発明されていませんでしたからね。しかし、日時計や砂時計で時間が測れないかといえばそんなことはありません。古代の時計だって使うと思えば十分に使えるんですよ。

時計の魅力は機能じゃない

時計がどうして必要なのと問われれば、勿論「 時間を見るためだから!」と答える人が大半ではないでしょうか。確かにその通りかもしれませんが、実際時計なんか持っていなくても時刻の確認は容易にできます。テレビにもパソコンにもスマホにも時計の表示機能は付いていますからね。あえて腕時計をする必要性って一体どこにあるんでしょうか。時計の魅力って実際のところ、そのデザインにあると思いますよ。身につけるだけでおしゃれに見える時計って本当にたくさんありますからね。

老舗時計メーカーであるタグ・ホイヤーは、プロサッカーのJリーグと近年業務提携を行って販路拡大をしています。