子供のお祝いとして大切な七五三!基本知識3選

Published by:

七五三を行う時期について

日本の行事の1つとして七五三がある事は知っていても、実際に行う日がいつか知らないという人も多くいます。実は毎年11月15日が七五三の日として定められています。ですが祝日というわけではないので、平日であれば学校や仕事が普通にあります。子供の祝い事のため会社を休んで祝う家庭もありますが、無理せずに11月15日の前後で都合の良い日を選んでお祝いしても問題はありませんよ。

男の子と女の子での七五三の違いについて

七五三の祝いを行う場合、男の子と女の子で年齢が多少違いがあります。まず男の子の場合はお祝いをするのが3歳と5歳の2回になります。女の子の場合は3歳と7歳に行います。この年齢の取り決めとして、3歳は男女共に髪の毛を伸ばし始める髪置のお祝いになります。5歳の男の子は袴を着用する年齢として袴着のお祝いになります。7歳の女の子は帯を着用し始めるということで帯解の祝いになります。それぞれの年齢と意味に違いがあるので、しっかり理解してお祝いをすると良いですよ。

七五三の時の子供と大人の装いについて

七五三の場合ですが、お子さんの服装はやはり着物が一般的になります。女の子で3歳のお祝いの時は晴れ着の上に被布を切るのが一般的です。7歳の女の子は紐から帯へと変化するため、本格的な帯のある振袖を身につけます。男の子は5歳の装いでは袴姿が正式とされています。ただし3歳と5歳の時に男の子の場合は、スーツを着用する場合も多いです。大人の装いですが、男性の場合は一般的にスーツ姿が主流となります。女性の場合は着物もよいですが、フォーマルなスーツやワンピースといった服装でも問題はありません。将来の入学式などを想定して、スーツを選ぶかたも増えていますよ。

七五三とは子供の成長祝う日本の伝統的なイベントです。着物を着せてあげておめかしをして写真撮影などをします。